この記事をシェアする お願いします!(´゚д゚`)

color_kanji01_aka

世界で最も赤字の映画とは?

世界で一番赤字を出してしまった映画は、

ガイ・リッチー監督作の

キング・アーサーです。
(King Arthur: Legend of the Sword)





出典:https://jgfollansbee.com/2017/05/21/review-thank-god-king-arthur-will-survive-king-arthur/

出典:https://jgfollansbee.com/2017/05/21/review-thank-god-king-arthur-will-survive-king-arthur/

 

こちらの映画、叩き出した赤字の額はなんと

 

1億5000万ドル!

約170億円

 

(; ・`д・´)やっちまいましたなぁ

 

キングアーサーの製作費1億7500万ドルで、公開当時は全く興行収入が上がらず、
ワーナー・ブラザーズは1億5000万ドルで赤字を計上しました。

 

気になる映画の内容は中世の騎士道キング・アーサー王伝説をもとにしています。

様々な評価はありますが海外で有名な映画評価サイト、ロッテントマトで

 

100%中

 

31%の評価です…

 

A201C007_150602_R6KT.0986543.tiff

 

最終的な興行成績1億4000万ドルまで行きましたが、やっぱり赤字(*´Д`)

もともと6部作の大作になる予定でしたが、おおゴケしちゃったので頓挫しました。

 




この記事をシェアする お願いします!(´゚д゚`)