重さ68トン!? 世界最大のトラクター Big Bud 747

この記事をシェアする お願いします!(´゚д゚`)

トラクター1

世界一大きいトラクターとは?

田んぼや畑を耕すのに欠かせないトラクターですが、年々効率を求めて巨大化していますね。

そんなトラクターですが、世の中にはアスファルトの道路でも耕すの?ってぐらい度肝を抜く大きなトラクターが存在するんです。(゚∀゚)テロかよ

 

今回は、世界で一番大きいトラクターをご紹介いたします。






とらくたー2

こちらの排気ガス放出しまくりのトラクターなんですが、

 

高さ4.3メートル

長さ8.69メートル

幅4.06メートル

重さ68トン

 

という、モンスタートラック並みの大きいトラクターなんです。

(普通のトラクターの2~5倍ビッグな大きさよ(;’∀’)

トラクター3

ちっちゃい(;´∀`)

トラクター4

おじいちゃん家の小さい畑では旋回することが困難な大きさ。

 

トラクターの名前は

 

Big Bud 747

 

というなんとも強そうな名前で、

 

それもそのはず、960馬力もあり、フェラーリ2台分の馬力を有するのです。

(;’∀’)なんでも更地にしちゃうんだぜぇ

big-2-168-full

このBig Bud 747なんですが、1977年アメリカ モンタナ州ハバ―の工場で作られ、

Wilbur Henslerさんという人が設計、Ron Harmonさんと彼の製造会社の社員でつくりあげたそうなんです。

 

(´Д`)コストだけで$300,000(約3100万円)くらいしたんだって

 

製造後、一番最初にこのトラクターを購入したのは Rossi Brothersという

コットンをBakersfieldOld River, Californiaの場所で栽培している綿農家の会社で11年間使用されました。

rossi brothers

Rossi Brothersのコットン↑

トラクターがカワイイ

トラクターレース

たまにトラクターレースやっているんだって

(・∀・)楽しそう

brothers_1

アメリカンサイズの人もちっちゃく見えちゃうアメリカンサイズのBig Bud 747

その後、Willowbrook Farmsというフロリダ州 インディアランティックの農家が買取をして使用されたり、Robert and Randy Williamsで使われたりと大活躍をしました。

(´Д`)よほどアメリカンサイズの農場では効率がいいんだろうね。

トラクター10

しかし、このトラクターの直径2.4メートルのタイヤを作るカナダThe United Tire Company2000年破産した影響もあり、2009年7月にこのBig Bud 747の使用を止めHeartland Museumというアイオワ州のクラリオンにある博物館に展示されているそうです。

(゚∀゚)そのうちギネスに認定されそう

Heartland Museum

↑ハートランド博物館

 

Heartland Museum2

↑トラクターとか軍用車とか色々おいてある

トラクター11

↑Big Bud 747置いてあります。

最強と言われた歴戦のトラクターを一目見てみたいという人は大人$12子供$65歳以下タダで観覧できるそうなので寄ってみては(゚∀゚)

テディベアの博物館も見れるらしいよ!

 

Heartland博物館の住所:119 9th St SW, Clarion, IA 50525 アメリカ合衆国






↓よかったらこちらもどうぞ

全長9,297km!? 世界一長い鉄道 シベリア鉄道

この記事をシェアする お願いします!(´゚д゚`)

SNSでもご購読できます。

↓↓↓クリックで応援お願いします!

コメント

コメントを残す