【世界一長く続いた将棋】対局時間19時間!? 入玉がお互いに起きた、世界で最も長く続いた将棋とは?

この記事をシェアする お願いします!(´゚д゚`)

世界一対局時間が長い将棋とは?

世界で最も対局時間が長かった将棋は、

 

2018年 第31期竜王戦(主催・読売新聞社)6組ランキング戦

中尾敏之五段(43)―牧野光則五段(29)戦

 

です。

 





牧野光則五段

 

中尾敏之五段
中尾敏之五段

 

その対局時間、なんと

 

19時間!

 

極限まで指してますねぇ(*´Д`)

 

たいていは100手ぐらいで勝負がつきますが、

この対局ではなんと420手まで行きました。

 

このゲームでは「王将」が相手の陣地に入る「入玉」がお互いで起き、

王将を取りづらくなった両方が駒数で競う展開になりました。

 

420手目で引き分けになって指し直し局に入り、今度は100手目で牧野五段が勝利しました。

 

 

なげーー(*´ω`)

 




世界一〇〇なもの 一覧

 

Twitterでも世界一を紹介してます( ´∀` )

↓クリックで応援お願いします!

この記事をシェアする お願いします!(´゚д゚`)

SNSでもご購読できます。

↓↓↓クリックで応援お願いします!

コメント

コメントを残す